Sustainability私達にできること

  1. TOP
  2. About Bluestormについて
  3. Sustainability 私達にできること

持続可能な自然環境の
発展のために、
Bluestormができること。

マイクロプラスチックによる海洋汚染の問題が注目されている昨今、
「水場の安全を守る」ことを使命としている当社の責任として、
持続可能な海洋環境を守り、そして未来へとつなげてゆくために、
「つり環境ビジョンコンセプトに基づくLOVE BLUE事業」への参加や
環境にやさしい新たな製品の研究開発を行っています。

LOVE BLUE

Sustainability - 01

自然環境の持続こそ、釣りの未来そのもの

持続可能な釣り環境を構築するために、釣りにかかわるすべての人々が、自然環境、そして地球の未来を守るという大いなるビジョンに向けて力強く歩む「LOVE BLUE」。当社はそのビジョンに共感し、持続可能な自然環境を守るLOVE BLUE事業に参画しています。
「LOVE BLUE~地球の未来を~」のもと、「環境保全」と「資源回復」を両軸に、「水辺をキレイに」「サカナを増やそう」「フィールドを広げよう」を3つの優先事項とし、水辺の清掃や安心・安全な釣り場の拡大、釣り人へのマナー向上の啓蒙活動を行っています。

持続可能な自然環境を構築するために

  • Sustainability - 02

    水辺をキレイに

    プロダイバーやボランティアダイバーとともに水辺の清掃を実施。水辺周辺における釣具などの放置物の回収、清掃も大事な活動です。これらの活動は、釣り場の環境保全だけではなく、「つりで自然を汚さない」という次元を超え、「つりが自然を再生させる一助になる」という、より積極的な自然環境への貢献なのです。

  • Sustainability - 03

    サカナを守ろう

    魚が生息する自然環境は、保全や回復の努力を重ねることで豊かな恵みを維持することが可能です。私たちは、専門機関と連携しながら稚魚の放流を実施しています。関係機関の協力も得ながら、地域社会、親から子への絆や家族のふれあいも含め、環境教育の自然活動の一環として、教育効果の高いプログラムも実現していきたいと考えています。

  • Sustainability - 04

    フィールドを広げよう

    豊かな自然に囲まれたつりを楽しめる場所は、年々少なくなっています。安心・安全な釣り場の拡大に取り組むと同時に、釣り人へのマナー向上を啓蒙。釣りをする人もしない人も気持ちいいと思える環境作りが目標です。また、釣り場の拡大は、地域の知られざる魅力を掘り起こし、地域経済を活性化させる可能性を秘めています。地域経済や観光産業などとの密接な関わりを深め、釣りがもたらす活力をよりよい方向へ発展させていこうと考えています。

製品づくりから、持続可能な自然環境の発展を

  • Sustainability - 05

    リサイクル紙を使った
    取扱説明書

    各製品に付帯する取扱説明書は、リサイクル紙を使用する取り組みを開始。製本も従来の中綴じから蛇腹折りにすることで、ホチキスも使用しないなど、自然環境に配慮しています。

  • Sustainability - 06

    脱プラスチックの
    エコパッケージ

    従来の透明なプラスチックから、再生紙・古紙パルプを使用した段ボールのケースにパッケージを変更。この取り組みを通して、プラスチックの削減に取り組んでいます。

  • Sustainability - 07

    エコの観点からの
    製品開発

    今後の課題として、再生プラスチックや環境に優しいバイオ樹脂の素材、自然に還る素材など、環境負荷の低減を目指した製品開発に取り組んでいます。

Sustainability - 08

「なんどでもリサイクルする」アパレル製品

Bluestormの一部のアパレル製品は、なんどでもリサイクルすること、をコンセプトにしたアパレルブランド「BRING technology」にて製造しています。
ポリエステルを減らすことや使うことをやめるのではなく、ポリエステルをサステイナブルな原料に変える、つまり、服を回収し、原料にまでリサイクルし、再び糸・生地・服をつくるという新しい発想の服づくりを行うことにより、未来の地球環境に少しづつでも貢献していくことを、大切に考えています。