【絵本】かっぱのふうちゃん ライフジャケットでスイスイ

【絵本】かっぱのふうちゃん ライフジャケットでスイスイ

¥1430(税込)

  1. TOP
  2. Products 製品情報
  3. オリジナルグッズ
  4. 【絵本】かっぱのふうちゃん ライフジャケットでスイスイ 【絵本】かっぱのふうちゃん ライフジャケットでスイスイ

コンセプト

高階救命器具で本書の出版に協力させていただきました。
水辺の子どもたちの命を守る絵本
「思いはただ1つ…子どもたちの命を守ること!」を合言葉にとうとう完成!
絵は、子どもたちに大人気の絵本作家市居みかさん!

 

特徴

泳ぎがうまくないふうちゃんのところに、サンタみたいなおじさんがやってきて、「これがあれば泳げるよ! 」と、ライフジャケットのつけ方と使い方を教えてくれた。…大事なことが子どもに伝わり、水辺の安全を守れます。


【絵本を企画したライジャケサンタこと森重裕二より】
「思いはただ1つ……子どもたちの命を守ること。」をコンセプトに、2007年より活動を開始。趣旨に賛同していただける方を募りつつ、ホームページ、twitter、FACEBOOK、instagramなどで、「水辺に近づく子どもたちには『ライフジャケット』を着けさせましょう!」というメッセージをひたすら発信してきました。 毎年、子どもの水辺での事故のニュースが流れるたび、何かもっと自分にできることはないかと必死で考えていました。ある日、「絵本!」というアイデアが舞い降りてきました。わかりやすくてかわいい絵本なら、大人にも子どもにも、水辺の安全のこと、「ライフジャケット」のことが伝えられる……全国で絵本を読み聞かせてもらえれば、子どもたちの命を守ることにつながる……。
早速、子どもの未来社に電話をかけ、思いをひたすら伝えました。しかし、すんなりOKは出ず、それでも「どうしても絵本を作りたい」と、SNSなどで協力を呼びかけたところ、何も形になっていないにもかかわらず、なんと1週間もたたないうちに1000冊以上の予約をいただけたのです!

子どもたちのことを思うみなさんの気持ちが集まったおかげで、企画が進むことになりました。心からうれしくて泣きました。そして今、市居みかさんというすばらしい絵本作家さんの絵で、絵本を作っています。 この絵本ができあがったら、できるだけたくさんの場所に届けたいと思っています。日本中で読み聞かせてもらうことで、水辺の安全のこと、「ライフジャケット」のことを1人でも多くの方に伝えられたら・・・と思っています。そして、防ぐことができる水辺の事故を防ぎ、子どもたちの命を守りたいのです。みなさん、応援をなにとぞよろしくお願いします!

 

詳細

森重 裕二, 市居 みか
ページ数:24
出版社:子供の未来社
発売日:2022/5/6

森重裕二(ライジャケサンタ)
学生の頃から、カヌーや渓流釣りなど水辺での遊びに親しむ。約20年続けた小学校教諭を退職し、現在は妻の実家の庵治石を扱う石材店の3代目となる。修行の傍ら「ライフジャケット」のことを伝えるために日々活動中。3人の息子たちと遊ぶことが一番の楽しみ。

市居みか(いちい・みか)
兵庫県生まれ。主な絵本作品に『ろうそくいっぽん』(小峰書店)、『ねこのピカリとまどのほし』(あかね書房)、『こぶたのブルトン』シリーズ(アリス館)、『ぼくだってトカゲ』(文研出版)、『さつまいもおくさん』(小学館)、『かさとながぐつ』(瑞雲舎)、『弾きがえる』(子どもの未来社)など多数。滋賀県の山あいの町で、夫、息子、猫のラムネと在住。

OTHERS